Ultra Fastpack III GORE-TEX

冬季降雪時の足元装備をノースフェイスのウルトラファストパック Ⅲ GORE-TEXに変えた。

ここ6年くらい降雪時は同ブランドのヌプシブーティー WPを履いていた。ヌプシは積雪/アイスバーンでも全く滑らないし、WPであれば路肩の融雪の池にも躊躇せず飛び込め、まさに雪面の飛び魚なシューズだった。毎冬売れまくるのも当然だろう。しかし、雪が溶け路面が見えるような状況になるとインソールを入れてもアスファルトからの衝撃が腰にひびき、柔らかいダウン素材は足回りをホールドせず靴の中で足が横滑りして負担がかかった。過去記事を見るとWPを買ったときはまだジャックパーセルを愛用しておりヌプシでも快適だったようだが、テクノロジースニーカーを履くようになって足回りが甘やかされてつらくなった。そんな理由で大雪に見舞われたとき以外は履くのを避けるようになってしまった。

しかし、仙台のような降雪量は少ないもののブラックアイスバーンの多い街ではスニーカーだけで冬を越すのは心許ない。また、最近のナイキの新作テクノロジースニーカーは雨天時の施設内でよく滑り危険を感じることからオールシーズン使えるゴアテックスのトレッキングシューズになった。ウルトラファストパックに決める前はサロモンにだいぶ傾いていたが、サポートを考えると生活圏内に直営店があったほうが良いなと思い見送った。ウルトラファストパックは試し履きでもソールのグリップをしっかり感じるので期待できそうだ。

ヌプシも商品情報を見たら最新バージョンがⅥということで無印WPよりは快適になっていると思うが、6年の間に価格もだいぶ上がっていた。この価格ならいつでも機動力を発揮できるウルトラファストパックで正解だろう。手持ちのヌプシも処分せず、大雪時限定で履くつもりだ。トレッキングシューズの管理はなかなか気を使う。うっかり加水分解させないよう気をつけたい。

今回の諸々の調査でダンロップのスニーカーがコストパフォーマンスに優れた製品であることを再確認してしまったが、自分の中で捨てきれないプライドがあり除外した。

No Comments

Noizio

私は音楽を聴きながら文章を書けない。それに文章を書くのに人一倍時間がかかる。しかし無音が続くのは退屈、と思っていたときに役立ったのが環境音アプリNoizio。ノイズキャンセリングヘッドホンでノイズを聴くのはバカげているがなかなか良い。

仕事中も音楽を聴ける環境にあり、音楽を聴く気分じゃないときはネットラジオに切り替えていた。だが番組改編やら何やらですっかりつまらなくなってしまいラジオ番組の1コーナー以外聞かなくなってしまった。ここしばらくは適当なプレイリストでやりすごしていたがNoizioでしのげるようになった。October Rain/Coffee House/Campfire/Inside Trainあたりの音をその時の気分でミックスさせて使っている。

No Comments

Smart Tag

スマートロックでわぁ〜Apple Watchで手ぶら解錠べんりべんり〜と過ごして2ヶ月が経つも、やはり機械に不具合があるのではという懸念があって近所の外出でも物理キーは持ち歩いていた。キーチェーンには仕事場の鍵がついてるので家に戻ったらすぐにバッグのポケットへ入れるようにしていたのだが、日曜夜にそれを忘れて鍵が無いのに気づいたのは火曜日の退社間際。たまたま鍵を持っていない間は最終退出者じゃなかったからよかったもののそうじゃなかったら詰んでたなと肝を冷やした。鍵は20分ほど自宅を探したところ家着パーカーのポケットから無事発見されたが、このような問題は潰しておきたいのでスマートタグをつけた。スマートロックで身軽になったつもりだったのにテクノロジーを信用しきれないせいでメガネを探すメガネを買うみたいになってしまった。

スマートタグといえばMAMORIOTile。今回は部屋の鍵を探すのに時間がかかったこともあって音で物のありかを知らせてくれるTile Mateを購入したのだけど、そもそも私の場合置き忘れが問題なのでタグから離れるとお知らせしてくれるMAMORIOを選んでもよかった気もする。いずれにしてもバッテリーが尽きたらまるっと買い替える製品なのでまたその時に考えるか、後追いでMAMORIOも買ってみるのも良いかもしれない。どちらの製品レビューにもあるとおり両方の機能が備わったタグがあれば良いのだが…。というか生体認証なりで物理キーから解放される世の中になってほしい。

実際は位置情報が10〜20mほどずれており精度は動画ほど高くない。購入者の評価をみる限りMAMORIOでも同じ事が言えるようだ。

Continue Reading »

No Comments